2年保証
購入日から30日以内、返品・返金保証
送料無料
骨伝導技術
とは何ですか?
スピーカーを用いて、空気を通して音の振動を伝達する従来のイヤホンと異なり、AfterShokzは特許取得済みの骨伝導技術を使用しています。

トランスデューサーが頬骨を通して振動を送り、鼓膜を迂回して内耳に直接音を伝えます。

この独自の機能によって、通常のインイヤー/オーバーイヤーイヤホンとは全く異なる骨伝導イヤホンの実現が可能となり、音楽を聴きながら周囲の状況も把握することができます。
骨伝導イヤホンのメリット
オープンイヤー・リスニング - 状況把握力の向上
周囲の世界に目を向けてください。骨伝導イヤホンを使えば、背後からジョギングやサイクリングをする人が近づいていることに気づくことができます。オフィスで曲を聴いている時でも、同僚の声を聞くことができます。自分だけの音を体験しながらも、外部の環境との繋がりを保つことを可能にします。
より快適なフィット感
長時間の着用に適しています。耳に挿入したり耳を塞がないため、装着していることを忘れてしまいそうになるほどフィットする設計となっています。ランニングやサイクリング、そして仕事にも最適です。特に激しい運動の際には、オープンイヤーによるリスニングは耳が痛くなることを防ぎ、動きにより集中することができます。
安全なフィット感
当社の製品は、あらゆる状況下で信頼性の高い安定性を誇り、包み込むような柔軟性を備えたOpenFit™チタンデザインを採用しています。特許取得済みのデザインと耐久性に優れた部品により、イヤホンは衝撃に強く、悪天候でも耐えられることを保証します。
オープンイヤー・リスニング - 状況把握力の向上
周囲の世界に目を向けてください。骨伝導イヤホンを使えば、背後からジョギングやサイクリングをする人が近づいていることに気づくことができます。オフィスで曲を聴いている時でも、同僚の声を聞くことができます。自分だけの音を体験しながらも、外部の環境との繋がりを保つことを可能にします。
より快適なフィット感
長時間の着用に適しています。耳に挿入したり耳を塞がないため、装着していることを忘れてしまいそうになるほどフィットする設計となっています。ランニングやサイクリング、そして仕事にも最適です。特に激しい運動の際には、オープンイヤーによるリスニングは耳が痛くなることを防ぎ、動きにより集中することができます。
安全なフィット感
当社の製品は、あらゆる状況下で信頼性の高い安定性を誇り、包み込むような柔軟性を備えたOpenFit™チタンデザインを採用しています。特許取得済みのデザインと耐久性に優れた部品により、イヤホンは衝撃に強く、悪天候でも耐えられることを保証します。
長時間使用することで "からだ" にどんな影響がありますか?
現代、長時間に及びカナル型イヤホンを使うと、耳が病気になるケースがクローズアップされています。
ひとつはイヤホンの長時間利用に伴う外耳炎です。最近、新型コロナ感染対策でのリモートワークやオンライン会議などにより、イヤホンの長時間装着が増え、これにより外耳炎を発症するケースが増えています

もうひとつは、海外の研究でイヤホン実験の結果から見てもカナル型イヤホン(インイヤーイヤホン)を数年間で使い続けていくことにより、聴覚へのダメージがあります。そして、このようなダメージが気づかないまま進行しているケースも見られます

骨伝導技術を用いたイヤホン製品は、空気の振動を介さずに、直接、頭部の骨を振動させることで音を聴覚に伝えています。骨伝導イヤホンを使うことにより、脳や耳に何かよくない影響があるのではないかとの不安の声を聞くこともあります。しかし、実際には私たちは骨伝導による音の認識は日常に存在しているものです。一例として、クッキーのような固い食べ物を食べる時、私たちが聞こえる咀嚼音は顔の骨を通して内耳に振動として伝わっているものです。つまり、骨伝導による聴覚への音の伝達は特別なことではなく、骨伝導イヤホンを使用しても体への影響はないと言われます。

骨伝導イヤホンを使用していると聴力へのダメージが軽減できるといった報道もあります。 骨伝導イヤホンなら、耳を塞がないので、周囲の状況を認識して安全を確保することができ、健康への配慮もしっかりしています。AfterShokzは、今後も、皆様の安全を守り、健康面でも安心いただけるようなイヤホンを創り続けていきます。 ①:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO71283350S1A420C2W10600/ ; ②:https://yadda.icm.edu.pl/yadda/element/bwmeta1.element.baztech-43a01d9e-fd87-4a76-9179-2d23d206057c ; ③:Preliminary Study on the Influence of Headphones for Listening Musicon Hearing Loss of Young People. PDF ; ④:http://edition.cnn.com/2014/05/29/tech/innovation/bone-conduction-get-used/index.html
2019
第8世代の骨伝導技術 - PremiumPitch 2.0+
技術の進歩:振動や音漏れを少なくし、優れた音質を実現
PremiumPitch 2.0+の革新的技術は、音質と快適な聴き心地を非常に進化させています。内部構造の再設計により、低音域の音圧を改善し、再生時の振動や漏れを低減させ、Aeropex史上最軽量モデルとなりました。
製品:Aeropex
2018
第7世代の骨伝導技術 - PremiumPitch 2.0
技術の進歩:防水性能を向上し、音漏れを50%低減
外付け部品のボイスコイル、ストリング、最適化されたイヤーフックなどにより、音漏れを50%低減します。また、PremiumPitch 2.0は、より高い防水性能と、異なる周波数帯域でよりバランスのとれた性能を実現します。
2018
第6世代の骨伝導技術 - HighSenstivity PremiumPitchTM 2.0
技術の進歩:小型化と軽量化
電子部品を微細化することにより、HighSensivityは消費電力の効率化と磁界の向上を実現しました。イヤホンのさらなる小型化に向けて、物理的な設計に新たな可能性をもたらしました。
製品:Revvez(現在は入手不可能)
2015
第5世代の骨伝導技術 - PremiumPitch+ (または 1.0+)
技術の進歩:振動を少なくし、音漏れを50%低減
豊かな音を実現するために、電子部品を追加で挿入し、イヤホンの接触面を再設計しました。この変更により、第4世代の技術と比較して、イヤホンの振動が減少し、音漏れが50%減少しました。
製品:Trekz Air、Trekz Titanium(それぞれAfterShokz AirとAfterShokz Titaniumに改名)
2013
第4世代の骨伝導技術 - Leakslayer
技術の進歩:音漏れを75%低減
反対方向に働く別の音振動を導入することで、同調的でない音を消し、前世代に比べて音漏れを75%削減することに成功しました。
製品:Bluze 2
2011
第3世代の骨伝導技術 - PremiumPitch
技術の進歩:音質の向上
低音性能をさらに向上させ、豊かな音を実現するため、また第2世代の骨伝導技術よりも豊かでバランスのとれた音にするために、構造の改善と部品の追加を行いました。
製品:Bluez
2009
第2世代の骨伝導技術 - Louder volume
技術の進歩:より大きな音量
骨伝導イヤホンは、通常のイヤホンに比べて、より多くの電力を必要とします。電池の長寿命化と音量の向上のため、トランスデューサーを電機子型から可動コイル型に変更しました。
2007
第1世代の骨伝導技術 - Sound production
主な課題:大きな音を出す
全く新しいイヤホンの構造により、骨伝導イヤホンから伝わる音の、500〜3400Hzだった周波数を20〜20000Hzまで上げることに成功しました。
製品:Sportz M1、Sportz M2
他の製品を探す