【重要なお知らせ】悪質な類似品へのご注意! もっと見る

プライバシーおよびcookieに関するポリシー

プライバシーポリシー

当社(以下「当グループ」といいます。)は、当グループが所有する個人情報の保護は当グループの社会的責任及び義務であると考えています。当グループは、ユーザーにとっての個人情報の重要性を十分に理解しており、適用される法令の要求に従い、相応の安全管理措置を講じて、ユーザーの個人情報が安全かつ制御可能であるよう保護するべく努力し、当グループの社会的責任及び義務を履行します。

これに鑑み、当グループは、「プライバシーポリシー」(以下「本ポリシー/本プライバシーポリシー」といいます。)を制定し、本ポリシーの規定に従い、ユーザーの個人情報を取り扱うとともに、以下のとおり通知させていただきます。

本ポリシーは、当グループが日本で提供する公式サイトの運営、荷物の発送、物流運輸、製品の返品・交換及び関連マーケティング活動(プッシュ型広告、オフライン活動等を含む)に適用し、当グループが発売するその他製品について独自のプライバシーポリシーがある場合には、独自のプライバシーポリシーに準ずるものとします。なお、本ポリシーはその他の第三者がユーザーに提供するサービスには適用されず、第三者がユーザーに提供するサービスに関しては、当該第三者がユーザーに別途提供するプライバシーポリシーが適用されますため、この点ご注意ください。

当グループの製品又はサービスのご利用前に、必ず本ポリシーを詳細にお読みいただいたうえ、ご理解くださいますようお願いいたします。本ポリシーの内容についてご質問、ご意見又はご提案がある場合には、本ポリシーの「12.お問合せ方法」に記載の連絡先にご連絡ください。

 

1. ユーザーに関する情報の収集、利用方法

ユーザーに当グループのサービスを提供するために、当グループは、これらのサービスに必要な個人情報の提供をユーザーに要求します。必要な情報をご提供いただけない場合、当グループはユーザーに相応の製品又はサービスを提供できない可能性があります。

当グループは、特定の、明確かつ適法な目的のために限り必要な情報を収集し、これらの目的の範囲を超えて取り扱うことはありません。当グループは、以下の類型の情報を収集する可能性があります。

1)当グループが収集する情報
  • ユーザーから直接当グループにご提供いただく情報:ユーザーが当グループの製品又はサービスを利用する際、当グループが収集する可能性のあるデータの類型には次のものが含まれます。
  • 製品の購入過程においてご提供いただく必要のある個人情報:氏名、住所、メールアドレス、携帯電話番号、LineID。
  • 製品の返品、交換過程においてご提供いただく必要のある個人情報:氏名、住所、電話番号、郵便番号、製品類型、シリアルナンバー、荷物受取り情報、荷物発送先住所等。
  • Contact usを通じたフィードバックの際にご提供いただく必要のある個人情報:氏名、メールアドレス等。
  • 当グループが送信するメールを購読する際にご提供いただく必要のある個人情報:メールアドレス。
  • 当グループのオンライン又はオフラインのマーケティング活動(アンケート調査、抽選等を含む)への参加を選択いただいた場合には、ユーザーとの双方向のやり取りに必要な個人情報をご提供いただく必要があります:例)氏名、メールアドレス、LineID、住所、携帯電話番号等。
  • ユーザーが当グループに提供することを選択された、当グループの製品又はサービスの利用に関するあらゆるその他の情報。
  • ユーザーの位置情報:本サイトのWarranty claimを通じてユーザーフィードバックをご提供いただいた場合に、ユーザーのパソコン又はモバイル機器から受け取ったユーザーの位置情報(例:IPアドレス、Macアドレス等)。
  • ユーザーのオンライン行動に関する情報:ユーザーが本サイトを閲覧したときに、当グループがcookie及びその他同種の技術を通じて収集するユーザーのオンライン行動に関する情報(閲覧内容等を含む)。
  • ユーザーの機器に関する情報:ユーザーの機器に関する情報。例:機器の型式、機器固有識別子(unique device identification:UDID)、IPアドレス、Macアドレス等。
  • ユーザーのアカウント情報:当グループとユーザーとの間で業務提携関係が構築されたとき、事前にユーザーの同意を得てから、ユーザーのアカウントに関する情報等を収集する可能性があります。
2)個人情報の利用方法

当グループは、ユーザーにサービス及び/又は製品を提供するため、また、法的要求を満たすためにユーザーの個人情報を取り扱います。上述の目的のため、当グループがユーザーの個人情報を次の目的に利用することについて、同意していただきます。

  • ユーザーに製品の発送及び返品、交換サービスを提供すること。
  • ユーザーに製品のアフターサービス及びカスタマーサポートを提供すること。
  • 当グループの製品及びサービスの最新情報(例:製品の更新状況、カスタマーサポート、プロモーション活動等の情報)をユーザーと共有すること。
  • オンライン又はオフラインでのプロモーション活動を展開すること。
  • ユーザーの本サイト上での評論の発表、及びフィードバックを許可すること。
  • 契約の義務を履行すること。
  • 当グループの製品及びサービスの更なる改善のために、ユーザーの製品及びサービスの利用状況を分析すること。
  • 当グループの事業運営又は法的義務の履行のためにユーザーの情報を保存、メンテナンスすること。

以下は、ユーザーの情報の利用方法(これには個人情報が含まれる可能性があります)に関するより詳細な情報です。 

  • ユーザーのアカウントの設置:当グループのサイト上にアカウントを作成する場合、ユーザーの個人情報(例:ユーザーのメールアドレス)を収集し、ユーザーの個人アカウント作成のために利用します。
  • 発注書の処理:当グループのサイト上で発注書を作成するとき、ユーザーの個人情報を収集し、発注書の処理及びアフターサービスに利用することができます。例えば、収集した情報(氏名、住所、電話番号を含む)は商品の出荷、送付に利用します。電子メールアドレスはユーザーと荷物の追跡情報を適時共有するために利用します。
  • ユーザーからのフィードバックの収集:ユーザーから提供されたフィードバックは、当グループのサービスを改善するうえで非常に有用です。ユーザーのフィードバックをフォローアップするために、当グループはフィードバックの過程でユーザーからご提供いただいた個人情報を、ユーザーと連絡をとるために利用し、また、関連する記録を保存する可能性があります。
  • プロモーション活動の展開:ユーザーが抽選、ユーザーアンケート調査及び類似するプロモーション活動に参加する場合、ユーザーの個人情報を収集します。例えば、Facebook、Google等の第三者のページ又はその他のソーシャルメディア・プラットフォームを通じて展開するプロモーションを行うとき、当グループはユーザーから提供された個人情報を利用し、ユーザーと双方向でやり取りする可能性があります。
  • 電子メールによる直接的なマーケティングの実施:ユーザーの明確な同意を得てから、当グループは、電子メールを通じて、当グループの商品及びサービスのマーケティングに関する内容をユーザーに送付する可能性があります。

以上の利用範囲を超えてユーザーの情報を利用する必要があるときには、当グループはその都度、書面、サイト上又は口頭での説明等の方法により、改めてユーザーの授権・同意を取得します。

 

2. ユーザーの情報の共有、譲渡、公開・開示方法

1) 共有

原則として、当グループはSHOKZ HOLDING LIMITED及び関連会社以外の会社、組織及び個人とユーザーの個人情報を共有することはありません。ただし、次の場合はこの限りではありません。

  • 法令の要請に基づく共有:当グループは、法令の規定に基づき、訴訟、紛争解決の必要のため、又は行政、司法機関による法令に基づく要求に応じるため、ユーザーの個人情報を開示する可能性があります。
  • ユーザーの明確な同意を取得した状況下での共有:当グループは、ユーザーの明確な同意を取得した後に、他者とユーザーの個人情報を共有することがあります。こうした共有を行う場合には、事前にユーザーの明確な同意を取得します。
  • ユーザーが自発的に選択した状況下での共有:ユーザーが販売の最中、販売後に申請を提出した場合には、当グループはユーザーの選択に応じて、ユーザーの取引及びアフターサービスに関するニーズを実現するために、ユーザーの発注情報において取引と関係のある必要な情報を関連商品又はサービスの提供者と共有します。例えば、ユーザーの氏名、住所、電話番号、郵便番号等の情報をアマゾンに提供し、商品の返品・交換等のアフターサービスに利用します。
  • 授権提携パートナーとの共有:本プライバシーポリシーの目的として記載したサービスをユーザーに提供することを保証するため、当グループは、第三者たるサービス提供業者又はその他の業務提携パートナー等と必要な個人情報を共有することがあります。授権提携パートナーは、その職責を果たす場合に限り必要な情報に触れることができることとし、この情報をその他のいかなる目的にも利用することはできないこととします。現在、当グループの授権提携パートナーには次の類型があります。
      • 第三者サービス提供業者及び業務提携パートナー

    第三者サービス提供業者は、当グループとの間における契約の約定に基づき、輸送及び物流、データ保存、データ分析、安全管理、ユーザー調査・研究、監査及びリーガルサービス等を含む多様なサービスを提供します。これらの第三者は、当グループを代理して、又は本ポリシーの単独の項目若しくは複数の項目に起因して、ユーザーの個人情報を取り扱う可能性があります。当グループは、正当、適法、必要、特定及び明確な目的がある場合に限り、ユーザーにサービスを提供するうえで必要な個人情報を共有することを保証します。当グループは、デューデリジェンスを実施したうえで、第三者とデータ保護協議書を締結し、第三者たるサービス提供業者がユーザーの所属する司法管轄エリアにおいて適用される法令上の要求を遵守するよう確実に保証します。

     

      • その他

    法令の規定、法令上の手続若しくは訴訟上の要求又は公的機関若しくは政府当局が法令を根拠として提起する要求に従い、ユーザーの個人情報を開示する必要が生じることがあります。国家の安全、法執行又は公的な重要性のあるその他の事項にとって、開示が必要である又は適切であると確定した場合には、当グループはユーザーの情報を開示する可能性があります。

    このほか、当グループは以下の人員とユーザーの個人情報を共有する可能性があります。 当グループの会計士、監査人、弁護士又は類似するアドバイザー。当グループが彼らに専門的なアドバイスを提供するよう要求したとき。 その他、ユーザーの授権、同意を得たあらゆる第三者。

      • 当グループの会計士、監査人、弁護士又は類似するアドバイザー。当グループが彼らに専門的なアドバイスを提供するよう要求したとき。
      • その他、ユーザーの授権、同意を得たあらゆる第三者。

     

    2) 譲渡

    原則として、当グループはいかなる会社、組織及び個人にも、ユーザーの個人情報を譲渡することはありません。ただし、次の場合はこの限りではありません。

    • 明確な同意を取得した状況下での譲渡:ユーザーの明確な同意を取得した場合に、当グループは他者にユーザーの個人情報を譲渡することがあります。
    • 当グループに合併、M&A若しくは破産清算が生じた場合、又はその他合併、M&A若しくは破産清算に関連する状況が生じた場合であって、個人情報の譲渡に関わるとき、当グループは新たにユーザーの個人情報を保有することになる会社組織又は個人に対し、引き続き本ポリシーによる制約を受けるよう求めます。これが受け入れられない場合、当グループは当該会社、組織及び個人に対し、改めてユーザーの授権・同意を得るよう求めます。

    3) 公開・開示

    当グループは、ユーザーの明確な同意がない限り、又はユーザーが主体的に選択しない限り、ユーザーの個人情報を公開・開示することはありません。

    4) 個人情報の共有、譲渡、公開・開示に際して事前の授権・同意取得の例外となる場合。

    次の場合は、ユーザーの個人情報を共有、譲渡、公開・開示する際に、事前にユーザーの授権・同意を得る必要がないものとします。

    • 法令により開示を要求された場合。
    • 一個人の生命、身体又は財産を保護する必要が生じたものの、ユーザーの同意を取得することが難しい場合。
    • 特に公衆の健康を改善する、又は児童の健康・成長を促進する必要が生じたものの、ユーザーの同意を取得することが難しい場合。
    • 国家機構又は地方公共機構又は受託機構において、法令に規定された事務を提携して実施する必要が生じ、本人の同意を取得した後では当該業務の実施に障害が生じる可能性がある場合。

     

    3. 第三者によるユーザーの個人情報の収集

    ユーザーは製品を購入する過程において、代金の支払いを完了するために、オンライン決済サービス業者(例えば、Shopifypay又はPaypal等)に個人情報(例えば、クレジットカード情報等)を提出する必要があります。

     

    4. ユーザーに関する情報の保管方法

    当グループは、合理的かつ実行可能な措置を講じ、業務と無関係の個人情報を収集、処理することを可能な限り回避します。当グループは、法令による強制的な保管要求がある場合などを除き、本ポリシーに記載した目的を達成するために必要な期間中のみユーザーの個人情報を保管します。個人情報は、収集目的が完了し、又は、当グループがユーザーからの削除若しくは抹消の申請を確認した後、又は、当グループが相応の製品若しくはサービスの取扱いを終了した後、当グループはユーザーの個人情報について、削除若しくは匿名化の処理をおこないます。

     

    5.ユーザーの個人情報の保護方法

    ユーザーの個人情報を保護するため、当グループは合理的な予防措置を講じ、かつ業界で最良の慣例に則り、不適切な紛失、乱用、アクセス、開示、修正又は破損を防止します。

     

    6. ユーザーがユーザーの情報を管理する方法

    当グループは、個人情報の保護に関するユーザーの各権利を尊重し、ユーザーは、次に定める方法でユーザーの情報へのアクセス及びその保護を行うことができます。

    1)ユーザーの情報の照会、訂正及び補充

    ユーザーは、当グループが有するユーザーに関するその他何らかの個人情報につき、閲覧及び/又は訂正を要求することができます。

    ユーザーがユーザーの個人情報の照会を要求したとき、当グループは、ユーザーの身分を確認した後、ユーザーに対して速やかにユーザーの個人情報の副本1部を提供します。

    ユーザーは、ユーザーの個人情報の訂正を要求することができ、当グループは、速やかに利用目的の達成に必要な範囲において必要な調査を実行するとともに、調査結果に基づくユーザーの個人情報の訂正を行います。

    2)ユーザーの情報の削除

    ユーザーは、ユーザーの個人情報の削除を当グループに要求することができます。当グループは、削除の要求に関する理由を確認した後、合理的な範囲においてユーザーからの要求に速やかに対応します。

    3)ユーザーの情報の処理の制限

    ユーザーは、当グループによるユーザーの個人情報の処理を制限することができます。これには、第三者に対するユーザーの個人情報の提供の停止を要求することが含まれますが、これらに限られません。ユーザーの請求が適合する関連法令の正当な理由を備えているか否かにつき当グループが調査した後、個人情報の処理を直ちに停止してユーザーに速やかな通知を行います。

    4)授権同意の範囲の変更又は撤回

    ユーザーは、ユーザーの個人情報を当グループが収集、利用及び/又は開示することについてユーザーが行った同意を撤回することができます。当グループは、ユーザーの請求が適合する関連法令の正当な理由を備えているか否かにつき調査した後、必要な処理を直ちに行うとともに、ユーザーに対する速やかな通知を行います。ユーザーが同意を撤回することにより、ユーザーが相応の製品及びサービスを受けられなくなるおそれがあることにつきご理解ください。

    ユーザーが、当グループの所有するユーザーの個人情報の閲覧を希望し、又は当グループの所有するユーザーの何らかの情報が不正確若しくは不完全であると考え、又は授権・同意の範囲を変更し若しくは撤回して、当グループによるユーザーの個人情報の処理の制限を希望するときは、【privacy@aftershokz.com】を通じて当グループの個人データ保護担当者にご連絡ください。

    5)ユーザーのアカウントの削除

    ユーザーは、ユーザーのアカウントの削除を当グループに申請することができます。その場合、ユーザーは、ユーザーのアカウント削除について支援を得るため、【privacy@aftershokz.com】のアドレスに電子メールを送信して当グループの個人データ保護担当者に連絡する必要があります。

    ユーザーが自発的にアカウントの削除を行った後、当グループは、ユーザーに対する製品又はサービスの提供を停止するとともに、適用される法律の要求に基づいてユーザーの個人情報の削除又は匿名化の処理を行います。

    6)ユーザーの上記請求への対応

    ユーザーとの通信の安全を保障するため、ユーザーは、書面による請求を個人データ保護担当者のメールボックス【privacy@aftershokz.com】に送信する必要があります。当グループは、ユーザーの請求を受領した後、ユーザーの身分を確認するとともに、ユーザーの請求に係る正当な理由の有無について必要な調査を行います。ユーザーの合理的な請求について、当グループは、原則として費用をお受け取りしませんが、多数回にわたり繰り返される、合理的な限度を超えた請求については、事情を斟酌のうえ一定の費用をお支払いいただきます。ユーザーの身分と直接に関連しない情報、理由なく重複した情報、又は過度の技術的手段(たとえば、新システムの開発又は現行の慣例の根本的な変更を要するもの)を必要とし、他人の適法な権利・利益にリスクをもたらし、若しくは現実性を欠く請求については、当グループは、それを拒絶するとともに、その決定に関する通知を速やかにユーザーに対して行います。

    次の場合は、法令の要求により、当グループは、ユーザーの請求に対応することができません。

    a ユーザーの登録住所、氏名、生年月日、ID /パスワードが符合しないなど、ユーザーが自らの身分を認証することができない場合。

    b ユーザーが委託した代理人が申請を行った場合であって、その代理人の権利の状況を確認することができないとき。

    c 公開又は照会の請求の類別と当グループが収集した個人情報の類別が一致しないとき。

    d 自己又は第三者の生命、身体、財産その他権利・利益を害しうる状況。

    e 当グループの業務の適切な遂行に顕著な障害がもたらされうる状況。

    f その他法令に違反する状況。

     

    7. Cookieポリシー

     ユーザーに快適なアクセス経験をしていただくため、ユーザーが当サイトにアクセスし、又は当サイトのサービスを利用するとき、当グループは、各種の技術を採用して、ユーザーの当サイトのサービスへのアクセスに関するデータの収集及び保存を行い、ユーザーが再びアクセスされたとき、当グループは、ユーザーの身分を識別することができ、データの分析を通じてより良好かつ多くのサービスをユーザーに提供します。小型データファイルを使用し、ユーザーの身分を識別することを含め、このような方法をとるのは、ユーザーの利用の習慣の把握、ユーザーがアカウント情報を何度も入力する手順を省くことへの支援、又はユーザーのアカウントの安全に関する判断への支援を行うためです。これらのデータファイルは、Cookie、Flash Cookie、又はユーザーのブラウザから提供されたその他のローカルストレージ(以下これらを総称して「Cookie」といいます。)となります。

    当グループのサービスはCookieの使用を通じてのみ実現可能なことをご理解ください。ユーザーのブラウザ又はその付加サービスが許容するのであれば、ユーザーはCookie受入れの程度を変更すること、又は当サイトのCookieを拒絶することができます。しかし、当サイトのCookieを拒絶された場合、何らかの状況において、Cookie依拠する一部機能の使用が不可能となるおそれがあります。Cookieの具体的な内容については、当サイトのCookie契約(リンク挿入)をご覧ください。

     

    8. ユーザーの情報の世界的な範囲における移転の手続

    原則として、当グループは、ユーザーが当グループの製品/サービスを利用される国/地域においてユーザーの個人情報の収集・処理を行います。事中・事後のサービスの提供及び製品/サービス改善の必要から、当グループがユーザーの個人情報をユーザーが所属する司法管轄区外の国及び地域に移転する必要がある場合においては、当グループは、その授権に関するユーザーの同意を事前に得ることを誓約し、又はその移転先を個人情報保護委員会が列挙したホワイトリスト国又は地域とすることを保証します。

    次の事情の下では、ユーザーの事前の同意を得ることを不要とします。

    (1)移転先の法令が提供を要求している場合。

    (2)死亡若しくは傷害又は財産の損害を回避するために提供を必要とし、かつ、その個人の同意を取得することが困難な場合。

    (3)公衆の健康を改善し又は児童の福祉を促進するために提供を必要とし、かつ、ユーザーの同意を得ることが困難な場合。

     

    9. 未成年者の個人情報

    当グループは、未成年者のプライバシー保護を極めて重視しています。16歳未満の者については、当グループは、その親権者、後見人又は適法な同意権を有する者(以下「親権者等」といいます。)の同意が得られた場合に限り、個人情報の処理を行います。親権者等の同意が得られるまで、当グループは、未成年者の個人情報を営業等の目的のために用いません。

     

    10. 個人情報保護の管理体制

    ユーザーの個人情報の保護、管理及び利用をより適切に行うため、当グループは、個人データ保護担当者1名の任命を行い、この個人データ保護担当者において業務従事者全員に対する研修を実施するとともに、当グループは、個人データ保護担当者の指導の下で個人情報保護体制の改善及び維持を行います。

     

    11. 本プライバシーポリシーの変更

    当グループは、法律上の要求及び業務上の必要を満たすためプライバシーポリシーの改正又は更新を不定期に行う権利を留保しています。更新後のプライバシーポリシーは、当サイトを通じてアクセスすることができ、本プライバシーポリシーに適宜ご留意ください。ユーザーは、ドキュメント冒頭の「発効日」を通じて、前回の確認時以降におけるプライバシーポリシーの改正の有無を把握することができます。当グループが本ポリシーに重大な変更を加えた場合、ユーザーは、メール等の方法により相応の通知を受領します。ユーザーが本サービスの利用を継続する場合、当グループは、ユーザーが最新のプライバシーポリシーを熟読して理解されているか確認します。

     

    12. お問合せ方法

    ユーザーが当グループへの連絡を希望され、何らかの疑問を抱かれ、又は本プライバシーポリシーに関して意見を提示されるときは、より多くの情報を把握するため、【privacy@aftershokz.com】のアドレスへのメール送信により、当グループの個人データ保護担当者にご連絡ください。

     

    13. その他

    本プライバシーポリシーは、日本法の適用を受け、日本法に基づいてその最終的な解釈を行うものとします。何らかの争いが生じたときは、日本語版に依拠してください。

     

     

     

    COOKIEについて

     

     

    (一)Cookie

    Cookie とは、インターネットサーバーによりユーザーのコンピュータ又はモバイル機器に保存される純テキストファイルのことです。Cookie の内容は、それを作成したサーバーのみが検索又は読取りを行うことができます。いずれのCookieも、ユーザーのインターネットブラウザ又はモバイルアプリケーションに対し唯一のものとなります。通常、Cookieには、識別子、サイト名並びにいくつかの番号及び文字が含まれます。

    本社(以下、「当グループ」といいます。)は、コンピュータ又はモバイル機器にCookieを保存することがあり、当グループがCookieを使用する目的は、次のようにユーザーの利便性を向上することにあります。

    1.登録及び認証。ユーザーが当グループのアカウントを使用しサイトに登録した場合には、Cookieの機能によりサイト上のあるページから別ページへと直接移動することが可能になり、各ページごとの登録が不要になります。

    2.ユーザーのお気に入り及び設定の保存。インターネットサイトは、 Cookieの機能により、たとえばコンピュータ又はモバイル機器の言語、フォントサイズ、ショッピングカート、閲覧傾向その他設定を保存することができます。

    3.統計分析。Cookieの機能により、当グループは、ユーザーによる当グループウェブサイト及びその他アプリケーションの使用につき、たとえばユーザーの1回アクセス(セッションCookieを使用)又は複数回アクセス(永続Cookieを使用)を記録するなどの情報収集をすることができます。

    当グループは、この声明において述べる目的以外の何らかの用途のためにCookieを使用しません。ユーザーは、自らの選択によりCookieの管理又は削除を行うことができます。詳細については、AboutCookies.orgを参照ください。ユーザーは、コンピュータに保存されたあらゆるCookieを削除することができ、インターネットブラウザには、そのほとんどにCookie阻止の機能が設けられています。もっとも、ユーザーがそのように設定した場合、当グループのウェブサイトにアクセスするたびにユーザー設定の変更を自ら行うことが必要となります。ブラウザ設定の変更に関する詳細な情報は、〈internet Explorer〉〈google Chrome〉〈mozilla Firefox〉〈safari〉又は〈opera〉の各リンクにアクセスのうえ、ご確認ください。

    ユーザーがCookieを削除した場合、当グループのウェブサイトにアクセスするたびにユーザー設定の変更を自ら行うことが必要となります。また、当グループのサービスにはCookieの使用を必須としている場合があり、Cookieの使用を禁止すると、そのサービスの全部又は一部の機能の使用に影響が生じうることにもご注意ください。

     

    (二)ウェブビーコン/ピクセルタグ

    当グループ及び第三者においては、Cookie以外に、ウェブビーコン又はピクセルタグをウェブサイトにおいて使用することがあります。ウェブビーコンは、通常、ウェブサイト又は電子メールに埋め込まれた電子画像をいい、ユーザーがウェブサイト又は電子メールを閲覧した際、ユーザーのデバイス上のCookieを識別するために用いられます。ピクセルタグは、当グループをして、ユーザーに閲覧可能な形式で電子メールを送信し、それが開封されたか否かを当社において知ることを可能にします。

    当グループ及び第三者は、これらの技術を多岐にわたる用途に用い、それにはサービスの使用状況の分析(Cookieと併用)並びにユーザーの希望にさらに適合する内容及び広告の提供が含まれます。たとえば、当グループがユーザーに送信する電子メールにおいて、当グループのウェブサイトの内容に移動するためにクリックするURLが含めることが考えられます。ユーザーがこのリンクをクリックすると、当グループはそのクリックのトラッキングを行い、我々はこれを通じて、商品・サービスに対するユーザーの好みを把握し、顧客へのサービスを改善します。ユーザーがこのような方法による自己の行動のトラッキングを希望しない場合、当グループからのメールの配信をいつでも解除することができます。

     

    (三)その他ローカルストレージ

    当グループ及び第三者においては、たとえばローカルシェアオードオブジェクト(Flash Cookie)及び HTML5 ローカルストレージのように、商品・サービスに他のローカルストレージ技術を用いることがあります。これらの技術は、既述のCookieと類似し、同じくユーザーのデバイスに保存され、ユーザーの行動及び基本設定に関する情報の記録に用いることができます。しかし、これらの技術は、標準的なCookieが用いられるデバイスとは異なる可能性があるため、ユーザーが標準的なブラウザ及び設定を用いてそれを制御することはできない場合もあります。Flash Cookieに含まれる情報の使用禁止又は削除に関する説明については、ここをクリックしてください。

     

    (四)Do Not Track(トラッキング拒否)

    多くのインターネットブラウザにはDo Not Trackの機能が設けられ、その機能は、ウェブサイトにDo Not Track要求を発することができます。現在、主なインターネット標準化団体は、その要求に対するウェブサイトとしての対応方法を定めた関連ポリシーを策定していません。

    当グループは、ユーザーが選択した「トラッキング拒否」の設定又はユーザーのブラウザから提供されうる「終了を選択」の設定若しくは特性に基づくトラッキング拒否の要求がされたとしても、この文書において詳述したデータの収集その他の使用方法を変更するという対応をしていません。しかし、当グループは、今後においてユーザーへの通知を行うことなくデータ処理の方法を変更する可能性があり、その権利を有します。