2年保証
購入日から30日以内、返品・返金保証
送料無料
骨伝導イヤホンの
リーディングカンパニー
AfterShokzは、世界有数の骨伝導技術メーカーです。特にワイヤレスオープンイヤーBluetoothイヤホンのブランドとして、傑出したイノベーターでもあります。AfterShokzは、骨伝導の可能性を追求し、生活のより多くの分野で骨伝導が使用されることを目指しています。
なぜ始めたか
他社製のイヤホンが独立したリスニング体験を追い求めるのに対して、私たちは全く異なる体験を提供しています。 

現代社会では、人々は騒音を遮断するためにノイズキャンセリングイヤホンを好んで装着します。しかし、それは他者とのコミュニケーションだけでなく交通音をも遮断し、安全上の問題を引き起こす場合があります。 

AfterShokzは、異なる未来のビジョンを信じています。それは、人々の繋がりを増やし、自然な状況下で耳を開かせ、誰もが周囲の環境を安全に聞くことができることです。このビジョンを実現するために、私たちはたゆまぬ努力を続けてきました。その結果、オープンイヤー骨伝導イヤホンが誕生しました。

ミッション
私たちは、骨伝導技術を通じてより良いリスニング体験に貢献し、人々の生活水準を向上させることで、持続可能な企業を目指しています。

なぜAfterShokzなのか?
AfterShokzは、世界で最も優れた骨伝導技術のパイオニアでありリーディングカンパニーです。これまでに833件の特許を出願しており、骨伝導イヤホンの開発を未来に向けて続けています。骨伝導トランスデューサーは、微小な振動を頬骨を通して内耳に導き、耳を塞いだり覆うことなく音を伝えることができます。そのため、私たちのイヤホンは外部の音を取り込むだけでなく、あなたの安全を守ることにも役立ちます。

もっと見る >
数字で見るAfterShokz
00
国と地域
0.0
カスタマーレビューの評価
0000000
カスタマー
AfterShokzは、世界の拠点を60以上の国と地域に拡大しました。私たちが提供する製品は、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、Mediamarkt、QVCなどのさまざまな販売店にてご購入いただけます。
2019年以来、私たちはAmazon Japanで5つ星のカスタマーレビューの評価を得ています。
現在、当社の製品は世界中の700万人以上の人々の生活を支えています。
オープンでいましょう! 耳の中や上に何も覆うものがないので、完全に意識して聞くことができます。
AfterShokzの沿革
  • · 2020
    OpenComm:ノイズキャンセリングブームマイクを搭載した初の骨伝導イヤホンを発売し、急速充電技術に革命をもたらしました。

    OpenMove:エントリーレベルの性能を追求した初のイヤホン、Openシリーズを発売しました。
  • · 2017
    Air:技術的な部分において、最初のブレークスルーがおこなわれました。
  • · 2012
    Bluez:AfterShokzのグローバル展開の第一歩として、米国で最初の製品が販売開始されました。
  • · 2004
    Voxtech Company設立。
  • · 2019
    Aeropex&Xtrainerz:同社初のフラッグシップ・イヤホンとMP3イヤホンをグローバルで発売しました。
  • · 2015
    Titanium:累積製品販売数として、過去最高の販売数を記録しました。
  • · 2011
    AfterShokzブランド設立。
  • · 2020
    OpenComm:ノイズキャンセリングブームマイクを搭載した初の骨伝導イヤホンを発売し、急速充電技術に革命をもたらしました。

    OpenMove:エントリーレベルの性能を追求した初のイヤホン、Openシリーズを発売しました。
  • · 2019
    Aeropex&Xtrainerz:同社初のフラッグシップ・イヤホンとMP3イヤホンをグローバルで発売しました。
  • · 2017
    Air:技術的な部分において、最初のブレークスルーがおこなわれました。
  • · 2015
    Titanium:累積製品販売数として、過去最高の販売数を記録しました。
  • · 2012
    Bluez:AfterShokzのグローバル展開の第一歩として、米国で最初の製品が販売開始されました。
  • · 2011
    AfterShokzブランド設立。
  • · 2004
    Voxtech Company設立。
もっと見る >
CLOSE >
Let's Be Open!
耳を塞ぐことなく、耳を覆うこともありません。周囲の気配を意識しながら聴くことができます。